アルミニウム合金用ノンクロメート皮膜剤

クロムは排水規制及びPRTR法「特定第1種指定化学物質」に該当のため
ノンクロム皮膜剤を開発。

製品名 処理 濃度 温度 時間 特徴
グランダーAL-500X スプレー浸漬 5.0% 45〜50℃ 2.0〜3.0分 無機皮膜、一般用
グランダーAL-570 スプレー浸漬 3.0% 35〜40℃ 1.5〜2.5分 無機皮膜、無色系

塗膜品質

塗料:アクリル樹脂系

    沸騰水浸漬試験 塩水噴霧試験
25
時間
50
時間
100
時間
1000
時間
2000
時間
3000
時間
3000
時間
ゴバン目 ゴバン目 ゴバン目 フクレ幅 フクレ幅 フクレ幅 剥離幅
グランダー
AL-500X
A1050P ◎100 ◎100 ◎100 0mm 0.5mm 0.5mm 0.5mm
A6063S ◎100 ◎100 ◎100 0mm 0.5mm 0.5mm 0.5mm
グランダー
AL-570
A1050P ◎100 ◎100 ◎100 0mm 0.5mm 0.5mm 0.5mm
A6063S ◎100 ◎100 ◎100 0mm 0.5mm 0.5mm 0.5mm
グランダー
AL-8EV1
A1050P ◎100 ◎100 ◎100 0mm 0mm 0mm 0mm
A6063S ◎100 ◎100 ◎100 0mm 0mm 0mm 0mm
溶剤脱脂 A1050P ×沸騰水浸漬1時間で
全面剥離
5.5mm 6.5mm 6.5mm 6.5mm
A6063S ×沸騰水浸漬1時間で
全面剥離
12.5
mm
12.5
mm
12.5
mm
12.5
mm

※グランダーAL−8EV1:クロメート皮膜剤…濃度(4.0%)温度(3.5℃)時間(3.0分)

沸騰水浸漬試験: 95℃以上の沸騰水に一定時間浸漬後、ゴバン目試験機で1mm間隔で100目ゴバン目を描きセロテープを圧着後、一気に引剥し残留目数を100点法で表す。
塩水噴霧試験: JIS−Z-2371に基づき一定時間噴霧を行いクロスカット沿いのフクレ、テープ剥離幅(片側最大)を測定
処理工程

アルミニウム合金用3価クロメート皮膜剤

製品名 処理 濃度 温度 時間 特徴
グランダーAL-590 浸漬法 3.0% 35〜40℃ 3〜5分 3価クロム皮膜

皮膜品質

塩水噴霧試験240時間

素材:ADC-12

グランダーAL-590
白サビ 5%以下
6価クロメート皮膜(比較)
白サビ 10%
画像01 画像02

塗膜品質

沸騰水浸漬試験

  沸騰水浸漬試験(24時間)
ゴバン目
A1050P 100/100  100/100
ADC-12 100/100  100/100

塩水噴霧試験

  塩水噴霧試験(1000時間)
フクレ幅(片側最大) 剥離幅(片側最大)
A1050P 0mm 0mm
ADC-12 0.5〜1.0mm 0.5〜1.0mm

塗料:エポキシ系プライマー+熱硬化型アクリル塗料

沸騰水浸漬試験: 95℃以上の沸騰水に一定時間浸漬後、ゴバン目試験機で1mm間隔で100目ゴバン目を描きセロテープを圧着後、一気に引剥し残留目数を100点法で表す。
塩水噴霧試験: JIS−Z-2371に基づき一定時間噴霧を行いクロスカット沿いのフクレ、テープ剥離幅(片側最大)を測定
処理工程

このページのTOPへ▲